一戸建て住宅を建てる前に、これだけは知っておきたい7つのこと!

間取りについて

間取りは一戸建て住宅を建てるときには非常に大きなポイントとなる問題です。住宅は決して無限の広さを持っているわけではありません。そのため、その配分をどのように割り振るかが鍵を握っています。生活に適した広さをそれぞれに割り振るためには、優先順位を明確にして必要な広さを決めていきましょう。

間取りを決めるときに、後々後悔しがちな点として、家具のスペースを考えていないというものがあります。家具のスペースを考えていたとしても、頭の中でボンヤリと考えているだけでは考えていないのと殆ど同じです。そのため、図面にしっかりとその家具の大きさを書き込み、どのくらいの幅を取るのかを確認してください。

また、ドアのスペースもしっかりと見ておきましょう。ドアは閉めているだけではありません。そのため、ドアを開けたときに、その他の家具や生活動線が乱されないかを十分にチェックする必要があるのです。余裕のあるスペースづくりを心がけましょう。

間取りは狭くてもいけませんし、逆に広すぎても掃除などで不便さを感じます。ライフイベントに合わせて、その必要な間取りが変化するため、その部屋の広さを変えやすい住宅にするというのも一つの手段です。間取りにこだわってマイホームを建設しましょう。